【簡単DIY】軽トラにオシャレなシートカバーをつけよう!

 

軽トラのシートカバーを作ってみよう!

今回は色も変わって可愛くなった軽トラック。しかし、シートカバーが破れてる!!

買うのもいいけど・・・どーせなら気に入った今の軽トラに似合う布で、自分でDIYしてみようと思いました♪

 

f:id:gstylephoto:20190704001615j:plain

 

まずは型紙をとります

新聞紙を使って、ザックリと型紙を作っちゃいます。新聞紙にマジックで印をつけて、ハサミで切って行きます。どれがどの部分なのかわかるようにしておくといいと思います。

 

f:id:gstylephoto:20190704001637j:plain

f:id:gstylephoto:20190704001617j:plain

 

型紙をもとに布を切っていきます

今度は布の上に新聞紙を置いて、まち針などでズレないように数カ所とめていきます。型紙と同じ大きさに切るのではなく、2㎝ほど大きくなるように切っていきます。のちにこの部分を折り返してゴムを通すところになります。

 

f:id:gstylephoto:20190704001641j:plain

 

 

アイロンをかけて形をつけておきます

すべての端を1cm幅で、2回折り込みそこにアイロンであとをつけておきます。火傷しないように注意!(>_<)

f:id:gstylephoto:20190704001639j:plain

 

 

 

切った布の端をミシンで縫っていきます

シートの形に来た布の角を全部2㎝ずつ斜めに切り込みを入れておきます。それぞれの端を、1㎝幅で2回折り込みます。そこをゴムが通るようにミシンで折りこんだところを縫っていきます。 

f:id:gstylephoto:20190704001657j:plain

 

今回は布が緩まないように、縦にゴムをつけていきたいのでこの縫っている時点で一緒にゴムも縫い込んでいきます。ゴムや留め具は全て100円で買いました♪

 

 

f:id:gstylephoto:20190704001701j:plain

 

留め具をゴムに付けて調節できるようにしておきます。

f:id:gstylephoto:20190704001718j:plain

 

 

端にゴムを通します

ゴムを4つの端全部にゴムを通します。少し絞りが出るぐらいにゴムを縛っておきます。

 

 完成!!

f:id:gstylephoto:20190704001720j:plain

完成したのがこちらです♪

 

f:id:gstylephoto:20190704001606j:plain

表はこんな感じ♪

 

f:id:gstylephoto:20190704001608j:plain

裏はゴムが通っています。

 

f:id:gstylephoto:20190704001610j:plain

縦に留め具をつけてあります。

 

 

 

軽トラに装着してみよう♪

早速つけてみました!ヘッドレストは気持ちいぐらいピッタリ!

背もたれと座席は縦のゴムがいい感じにたるみを出さないようにはしてくれているのですが、横が緩んで外れやすかったので、横にも留め具ありのゴムを後からつけることにしました。

でも思ったよりいい感じにできました♪

 

f:id:gstylephoto:20190704001722j:plain

f:id:gstylephoto:20190704001737j:plain

 

ミシンもほぼ一直線縫いなので、難しくないと思います。どうせならシートもお気に入りの一部にしたいですものね(^^♪

 

旦那いわく、軽トラのシートはビニール製が多いので夏場などは汗で張り付いたり、熱がこもったりしやすいみたいで、今回は布製を使ったので座り心地もいいそう!!

良かった!!!

その時の動画がこちら ↓


軽トラのシートカバーを【DIY】お手軽にイメチェン!

 

 

おまけ

布が余ったので、旦那の破れすぎジーンズに端切れを縫ってみました!さりげなく軽トラとお揃い感がでましたね♪笑

 

f:id:gstylephoto:20190704001740j:plain

 

ちなみのちなみで、まだまだ生地が余ったのでヘアターバンも作ってみました♪

しかも子供用までつくってみました!笑 お腹の中の赤ちゃんが2歳ぐらいになったら一緒に付けたいと思います♪(ちょっと先の話)笑

 


【ハンドメイド】親子でお揃いのリボンターバンを作ってみた!