車の断熱(冷気)について考える パート2(床編)

今回は床の断熱について考えていきたいと思います!

 

まず断熱と聞いて思い浮かぶのが夏の暑さを遮断するというイメージがある方もけっこういるかと思います。

 

自分もキャンピングカー製作を始めて真剣に断熱という事に向かい合って改めて考えて出してからあることを思ったのです。

 

冬の寒さも、冷たいという『温度』だという事です!

 

なんだそんなの当たり前やん!と思うかもしれませんが恥ずかしながら自分の頭の中のイメージは

 

断熱=夏 でした。。。笑

 

それでは冬の断熱を考えた場合、どのような対策をしなければならないかというと、車の寒さは主に窓と床から底冷えしてきます。

 

f:id:gstylephoto:20191125235456j:plain

窓の断熱に関しては"車の断熱を考える パート1(窓編)"でお話ししたのでよければそちらをみていただけると嬉しいです♪

 

www.yamatofamily.xyz

 

 じゃあ床の断熱ってどーやってするのかというと

 

基本は窓の断熱と同じです!笑

床からの温度(冷気)を遮断すればいいのです。

 

遮断といっても100%遮断することはできないのでできる限り冷気を遮断することは可能です♪

 

まずは、車の床にカーペットがある場合はカーペットを剥がす必要がありますが、剥がしてしまえば後は楽チンです。

 

私達が床の断熱に施工した方法は、まずは床一面に断熱マット5mm厚(銀マット)を敷き、全て隙間なく敷けたら次に5cm厚のカネライトフォーム(スタイロフォーム)を敷いていきました!


断熱マット 遮音防音材料 断熱 アルミ箔 フォーム シルバー 熱反射 業務用 保冷保温 シート遮熱 (幅1m×長さ2m, 厚约5mm)

 


川島材木店 断熱材・スタイロフォーム(押出ポリスチレンフォーム)182cmx91cmx20mm

 

少しでも床からの冷気の上昇を防ぐ為スタイロフォームと壁やスタイローフォームの継ぎ目などはアルミテープで塞いでいきました。

これはやるとやらないとでは気持ちの問題も大きいかもしれませんが『塞いでやった!』感が出ます!笑

 


ニトムズ アルミテープS 50mm×10m J3230

 

www.yamatofamily.xyz

 

 さらに私達はその上から木材(1x4)で床を作成していき完成です。

 

これで随分何もやっていない底冷えする床からかなり改善されました♪

 

是非、床の断熱をする際の参考に役たてば嬉しいです。

 

最後にこれが私達が床断熱した際の動画です^^

 


【快適車中泊】にむけてフルサイズバンを床断熱と板張りしてみた