【生後2ヵ月】乳腺炎になっちゃった・・・

乳腺炎になったりするのって、いつぐらいなんだろう・・・?

なんて思っていたら、まさかのまさかで生後2ヵ月(生後12週目)で乳腺炎になっちゃったみたいです。その時の話をしてみようと思います。

 

 

乳腺炎って何?

出産後にかかる乳房の炎症です。主に感染したり、母乳がうまく出なくてつまってしまって炎症が起こります。ほとんどの場合、授乳を開始してから6~12週間の授乳中のママがかかることが多いです。授乳中の3~20%のママがなると言われているので、全員がなるわけではないです。

 

私がなったのもちょうど12週目の時でした。それよりもあとに乳腺炎になる方も見えるそうです。

 

 

乳腺炎の症状

はじめての子供が出来たときに乳房がはって痛くなるのは誰でもあることです。これもひどくなると炎症になっていきます。

 

乳腺炎になるとおっぱいがカチカチに硬くなったり、授乳中におっぱいの片方がジンジンする感じがする、おっぱいが熱くなり熱っぽいなどおっぱいに変化が現れるのと、体調不良としては発熱・だるさなどインフルエンザのような症状がでることがあります。

f:id:gstylephoto:20191212235330p:plain


 

 

乳腺炎の原因は?

乳腺炎はなぜなってしまうのかを調べてみました!

 

母乳が詰まってしまう

授乳のしていて、おっぱいが完全に空っぽにならずにどんどん溜まってつまっていってしまう現象です。この場合、おっぱいがだんだんチクチクしてきます。そのままほっといてしまうと感染症を引き起こす可能性も出てきてしまいます。

 

乳管のつまり

乳管自体が詰まってしまうと、母乳がどんどん溜まってしまう原因になってしまいます。こちらもそのままほっておくと感染症になりやすくなります。

 

細菌

乳首の穴や乳首の亀裂に、赤ちゃんのやママの皮膚から細菌が乳管に侵入してしまう可能性があります。そうすると細菌が母乳の中で繁殖してしまい症状が出てくることになります。

 

 

 

こんな人は乳腺炎になりやすいかも?

  • 授乳中にずっと同じ姿勢でいる。そうするとおっぱいがしっかりなくなりません
  • 乳首の亀裂
  • きついブラジャーを着用している、あるいはおっぱいが圧迫されていて母乳の流れが悪くなっている
  • 栄養不足
  • 疲れ・ストレス
  • 乳腺炎にかかったことがある方
 
 

予防することはできるの?

まずはおっぱいを飲んでいるときに、赤ちゃんが乳首を口にくわえているかなどをしっかり確認してください。乳首が見えないぐらいちゃんと加えているのが正解です。授乳しているときは角度を変えてりして、おっぱいが空っぽになるように授乳してみましょう。

 

空っぽになったかを触って確かめながらあげるようにしましょう。空っぽにするために授乳する前に温かいタオルでおっぱいを温めたりすると血行が良くなって、母乳の出が良くなりますので試してみてください♪

 

 

乳腺炎になってしまったら・・・

乳腺炎かも!と気づいたら、すぐに病院に電話をしてみてもらいましょう。最初は授乳するとチクチク痛かったり、下を向いたりするとおっぱいが痛かったりといつもとなんかちがうな~と感じると思います。

 

その後、風邪のようなだるさがでてきたり、おっぱいが固くなり赤くなる時も・・・プラス高熱が出ることもあります。ひどいとインフルエンザにかかったようなつらさがおこります。

 

ですが乳腺炎になったからといって授乳ができないわけではなく、逆に母乳がつまっているなら出した方が楽になるので飲んでもらうのが一番いいです。うまく飲んでくれない場合などは搾乳をしてください。

 

とにかくお医者さんに診てもらった方が早いので、早めの連絡がオススメです。

 

 

 

実体験の話。

2019年10月24日に産婦人科に行くことになりました。

前日から何となく違和感があり、胸の張りがいつもより痛く感じたんですけど授乳していればおさまるだろうと思ってました。しかし、この日は全然おさまらず・・・。

 

次の日起きると、身体がやけにだるい。最近にないだるさを感じました。

胸の張りも昨日と同様に張ったままで、下を向くと重力で痛いぐらい。とくに左胸が今回は痛みを感じました。

 

あまりにもだるいので熱を計ってみると、なんと38度6分!!熱じゃん!!

これはもしかして乳腺炎か?!旦那に病院に電話してみたら?といわれ、とりあえず出産した産婦人科に連絡してその日に診察してもらえることになりました。

 

病院に行くと診察は助産師さんが見てくれるみたいで、このときは分娩室で見てもらえることになりました。久しぶりの分娩室。もうすでに懐かしいw

 

助産師さんに「少し赤みも出てますね」と言われ搾乳してもらって、痛いけどだいぶ楽になりました(^^;) 「お熱はありました?」と聞かれ38度6分でしたと伝え、もう一度計ることに・・・

 

えっ!39度4分?!・・・あがってる。

乳腺炎です!と言い切りたいのですが、もしかしたらインフルエンザの可能性もなくはないよね~」と言われて、確かにと納得。時期的にも流行りだしていたし、症状自体が似てるので助産師さんたちもなかなか区別がつきにくいとのこと。

 

念のためインフルエンザの検査もできるということだったのでしてもらうことにしました。その結果は・・・陰性で、インフルエンザではありませんでした!!よかった~~(^^;)

 

「解熱剤とお薬出しておきますね~。授乳はできればしたほうが楽になると思うから、赤ちゃんに吸ってもらってね!もしそれでも張ってれば自分で搾乳してね」と言われお家に帰りました。

 

旦那に報告すると、「前から張るってよく言ってたから搾乳器買ったら?」と言われ、おーその手があったかと思い。さっそく注文。そんなに使わないと思うのでなるべく安いので・・・w

 

 

これを買ってみました!!

手動なんですけど、使ってみるとちゃんと圧がかかって搾乳できました。ただちょっとコツがいる感じなのでそこは何回かやるとつかめるかもです。わたしは使いやすかったです♪

 

とゆうわけで私も乳腺炎を経験したお話でした(^^;)